• 『 縄文系? 弥生系? 』

      2014年04月23日 | by: スタッフ2号

    0422_l

    やっぱり九州オンナは酒豪やねぇ 

    大阪に出てきて、何度と言われるセリフです。
    そのたびに「イメージでしょ・・・」と流していたのですが
    調べてみたところ(正しいかはさておき)  それなりの根拠があるそうで。
    —————————————————–
    お酒に強いか弱いかは、アルコールが体内で酸化されてできる
    『アセトアルデヒド』という有害物質の代謝能力で決まります。

    実際にアセトアルデヒドの代謝能力の調査を行ったところ、
    北海道・東北・九州・沖縄の人では代謝能力の高い人が多く、
    中部・近畿では代謝能力が低い人が多かったそうです

    このアセトアルデヒドの代謝能力は遺伝によって決まっていて
    (1) お酒が飲めないAA型
    (2) お酒に弱いが飲めないわけではないAG型
    (3) お酒に強いGG型
    の3種類の人が存在します。

    ・アジア&アメリカ先住民以外のほとんどは、酒に強いGG型
    ・まったく飲めないAA型は、アジア人やアメリカ先住民である
    モンゴロイドにのみ5%の割合で存在
    ———————————————————-
    ⇒ 黒人、白人はほぼ100%GG型
    ⇒ 日本人はモンゴロイドなので、5%の人は全くお酒が飲めない
    ⇒ また、中間のAG型もモンゴロイドにのみ存在し、その割合は35%くらい

    そして AA型の遺伝子は中国で突然変異によって生まれた と考えられています。

    日本人というのは、弥生人と縄文人の混血です。
    縄文時代後期までは、日本には縄文人が住んでいました。
    そして縄文時代後期に中国大陸から弥生人が移り住んできて、
    近畿や中部に定住しました。

    この縄文人と弥生人の違いが地方によるお酒の強さと
    関係があると考えられるのです。

    —————————————————-

    とのこと。
    勝手なイメージではなかったんですね
    今度また「九州女は・・・」とふられたら
    いっちょ ウンチクぶってみるか

    (参照記事)
    【お酒の強さで分かる】あなたは縄文人系?弥生人系?
      北国、九州に酒豪が多い理由とは?