• 『 脳ミソが飛び出た男 』

      2014年09月26日 | by: スタッフ2号

    140822l 昨夜は人気のタチノミ店に。
    相変わらず混んでましたが、負けずに入れてもらって飲んでました。

    お隣のおじ(い)さんが
    スタッフを呼んでも呼んでも ナカナカ気づいてもらえないご様子。
    かわりに呼んでオーダーを通したところ
    私にも日本酒を一杯ごちそうしてくださり 嬉
    そこからタワイナイお話をツラツラしてたのですが。

    いきなり おもむろに1冊の単行本を手渡され
    「お姉さん、どこでもいいからページ数を言うてみ」
    は?
    意味はわからんけど、とりあえずページ数を言ってみると
    そのページの冒頭の言葉をのたまうんです。

    人間不信の根暗なワタシは 「ウソだっっっ」 と思って、もう一度。
    シェェェェェ (* 3 *)
    4,5回繰り返しても 覚えてらっしゃる。

    聞けば、、、
    25、6才のころ 交通事故で脳みそが1度飛び出て以来
    異常な記憶力が付いたとのこと。

    疑心暗鬼のいやらしいワタシは
    「じゃあ店内のメニューも、いま言えるんですかっっ?!」
    と食いついたんですが、それは失敗。
    だとしても、1冊まるまる覚えているなんて凄い!!

    と興奮して盛り上がってたら けっきょく3杯もご馳走に、、、
    たった1000円ちょっとで、レアな日本酒を楽しんでしまった夜でした。