• 『 女は一体何のお酒を飲めばいいのか?【美容編】 』

      2014年03月28日 | by: スタッフ3号

    女は一体何を飲めばいいのか?美容編

    先日【男性受け編】をお送りしましたが 今回は【美容編】として女性らしく美容・ダイエットなどの面から考えてみましょう。

    ※記載のアルコール度数やカロリーは平均的なものです。


    ------------------
    ■ビール

    アルコール度数:約5%
    カロリー:500mlあたり約200kcal

    ビールには糖質が多く含まれており、ダイエット中の方には注意が必要。よく「100ml当たりのカロリーは他のお酒に比べて少ない」という記事を見かけますが、ビールって100ml以上飲んでしまいますよね。缶ビール1本でも350mlありますし・・。

    それにビールは胃腸の活動が活発になるようですので食べ過ぎになりがちなので、自制心を押さえきれない人はさらに注意が必要ですね!

    ただし美容面では優秀なようです!
    ビールには豊富なビタミン、粘膜を保護してくれる葉酸 、コラーゲン生成に必要なパントテン酸、不足すると乾燥肌をまねくカリウムなど、美肌に欠かせない栄養成分がたっぷり入っています

    しかし、やはり飲みすぎは禁物です。乾燥や冷えを招いてしまうことも。適量は中瓶(500ml)1~2本とのことですよ。

    [参照]
    女子として絶対知っておきたい!美肌志向のためのビールの飲み方

    ------------------

    ■ワイン
    アルコール度数:約12%
    カロリー:2杯(200ml)あたり約146kcal

    なんでも「少量または適度な飲酒の場合、特にワインは、体重増加を促進するよりもむしろ反対の効果が期待できる」という研究結果があり、ワインにはダイエット効果が期待できるそうです。うれしいですね!

    また「卵巣ガンのリスクを減らすことができ、卵巣がんの発生率は全く飲まない人の約半数」という研究結果も。

    ワインってすごい!!!
    但し適量はグラス2~4杯程度。やはり飲みすぎは禁物です。

    [参照]
    ダイエット中でもOK!? 一日一杯ワインを飲むと痩せる!
    Dr.ハセの健康情報

    ------------------

    ■日本酒
    アルコール度数:約15%
    カロリー:1合(180ml)あたり約185kcal

    日本酒はスキンケアアイテムとして注目されていることでも分かるように美肌効果が高いと言われています。日本酒に含まれるコウジ酸には肌のシミの原因となるメラニンを抑える効果や、細胞を活性化させ肌のシワやハリを取り戻す若返り効果も期待出来るというのです。

    確かに日本酒好きのスタッフ1号はお肌がツルツルです。

    また日本酒は「他のアルコール類に比べて体温が高い状態が長続きした」という研究結果があり、冷え性改善にも期待できそうですね!

    ただし、日本酒には糖質が多く含まれるためダイエット中の方はシメのご飯や麺類は避けた方がよさそうです。

    そしてもちろん飲みすぎは禁物。適量は1~2合です!

    [参照]
    美肌効果、老化防止、血圧低下、、こんなにある!日本酒の持つ知られざる美容、健康効果の数々
    知って得する体にやさしい日本酒の健康効果。
    日本酒は高カロリーで太る!?賢い日本酒の楽しみ方

    ------------------

    ■焼酎
    アルコール度数:約25%
    カロリー:0.6合(110ml):約154kcal

    焼酎には糖質が含まれませんのでダイエット中の方にはいいお酒と言えるでしょう。

    そして芋焼酎にはポリフェノールの1種であるアントシアニンが含まれており、美白作用も期待できるそう!

    もちろん適量が一番なことは言うまでもありません。
    25度の焼酎の場合、ロックグラスなら1~2杯、水割りなら2~3杯程度に!

    [参照]
    カラダ応援生活

    ------------------

     

    いかがでしたか?
    どのお酒も美容には効果が期待できそうですが、ダイエット中の方はワインや焼酎を選んだ方がよさそうです。

    当たり前ですが、適量を過ぎて飲むのは悪影響なので気を付けたいですね。
    意外と適量が少なくて衝撃です・・。やっばー。。

    因みに個人的な意見としてはお酒は万能の便秘薬だと思います。